【目黒記念】トルナーレ鞍上に菜七子 ダービー当日の重賞騎乗に感謝

[ 2016年5月26日 05:30 ]

サイモントルナーレの追い切りを終えて引き揚げる藤田

 新人女性騎手の藤田菜七子(18)は、ダービー当日の最終12R目黒記念でサイモントルナーレ(牡10=田中清)に騎乗することが決まった。菜七子の重賞騎乗は3月20日のスプリングS(モウカッテル9着)以来2度目のこと。

 25日は同馬の最終追い切りに騎乗。南D(ダート)コースでゴールドメイン(6歳1000万)を3馬身後方から追走し併入した。「凄く乗りやすい馬で、しまいまでしっかり走る感じ」と感想。

 デビュー前から「ダービー制覇が夢」と話しており「ダービーの日に重賞に乗る機会を与えてもらって本当に感謝している。期待に応えられるよう、しっかり頑張りたいです」と、ダービーデーの雰囲気を肌で感じられることを喜んでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2016年5月26日のニュース