【オークス】ウインファビラス反撃12秒8 畠山師「直線に懸けたい」

[ 2016年5月19日 05:30 ]

重い馬場も苦にせず駆けるウインファビラス

 ウインファビラスは松岡が騎乗してWコースで単走。重い馬場を苦にせず、馬なりのままラスト1F12秒8としっかり伸びた。今春2戦は案外だが、阪神JF2着の実力馬。

 畠山師は「太め感なく体はできているので、速い時計はいらない。桜花賞(12着)は積極的に運んだが結果的に前が失速する競馬。今度はじっくり折り合いを付けて直線に懸けたい」と末脚勝負で反撃を期す。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2016年5月19日のニュース