【オークス】デンコウアンジュ“素晴らしい出来”キープ

[ 2016年5月19日 05:30 ]

陣営が太鼓判のデンコウアンジュ

 桜花賞10着からデンコウアンジュが巻き返しを狙う。当時、陣営は「素晴らしい出来」と口にしていたが、直線で前が詰まって不完全燃焼に終わっただけに、2冠目に懸ける思いは強い。

 最終追いはCWコース単走。最後は反応を見る程度でスッと加速して、5F68秒7~1F12秒2。川島(レースは川田)は「先週しっかりやっているので、気持ちを乗せる感じ。桜花賞の雰囲気をキープしているし、左回りも合いそうですよ」と好感触だった。

続きを表示

「優駿牝馬 第80回オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2016年5月19日のニュース