藤田菜七子 鈴木麻優との“アイドル対決”制す

[ 2016年5月16日 13:53 ]

岩手の女性騎手鈴木麻優から花束を受け取った藤田菜七子

 岩手競馬に参戦する新人女性騎手・藤田菜七子(18)は、16日岩手競馬に初参戦。大勢の観客が詰めかけ「菜七子ちゃん頑張れ!」と大きな声援が飛んだ。

 3Rは2番人気パルミエに騎乗。直線は1番人気トーコーキズナとの激しい追い比べになったが、頭差及ばず悔しい2着。レース後の菜七子は「岩手はすごく広いコースだった」と話した。

 5Rではビュレットライナーに騎乗し4着。14歳の同馬は現役最後のサンデーサイレンス産駒。大ベテランを駆っての一戦は、1、2着馬の追走に苦しみ見せ場を作れないままに終わった。岩手の女性騎手・鈴木麻優(20)のビューロクラートは5着。“アイドル対決”初戦は菜七子に軍配が上がった。

 また6Rは1番人気デルマシシマルで外から猛然と追い上げたが、勝ち馬イクゼキュティヴに首差及ばずの2着。これが3Rに続いて本日2度目の2着となった。鈴木麻優は最下位の10着に終わった。

 この日は3、5、6、8、9、10、11Rの7鞍に騎乗。その内の5、6、9、11Rは鈴木麻優との“アイドル対決”が実現。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2016年5月16日のニュース