菜七子効果だ!場内、焼き鳥店もウハウハ「ナナちゃん、ありがとう」

[ 2016年3月24日 19:30 ]

<浦和競馬>初勝利を飾った藤田は会見で笑顔を見せる

 16年ぶりのJRA女性新人ジョッキー藤田菜七子騎手(18)が24日、浦和競馬3レースでデビュー初勝利を挙げ、続く6レースも勝利し、JRA女性騎手初の1日2勝を記録した。この初快挙に、浦和場内は午前中から大いに盛り上がった。

 今月騎乗した川崎、高知競馬場に続き、公営・浦和競馬場も菜七子フィーバーだ。この日、午前中は気温が低く、小雨が降るなかでもJRAのアイドルジョッキー・菜七子を見たさに開門の10時20分を前に約450人のファンが並び、先着800人に配られるお菓子は8分で終了するほど。総入場者数は平日の平均約3500人を大きく上回る4988人に上った。

 この日の“ナナちゃん”フィーバーに備えて、グルメコーナーの店員も大忙し。普段の倍以上、仕入れるほどの熱の入れようだ。

 場内で焼き鳥を売る「串さん亭」は通常の2倍の仕入れ量で備え、店主の嶋田明さん(48)は「何もない木曜に、こんなに人が入るのは記憶がない。たくさん売れてますし、菜七子ちゃんありがとうですよ」と笑顔だった。

 この日の売り上げは9億59万3560円で、今年度の1日平均より24・6%増。入場者、売上ともに菜七子効果は絶大だ!!

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「クイーンS」特集記事

2016年3月24日のニュース