菜七子、通算36戦目で初勝利!好スタートから逃げ切った 浦和3R

[ 2016年3月24日 12:14 ]

浦和3R、アスキーコードで初勝利を飾った藤田は笑顔でガッツポーズ

 JRA新人女性騎手の藤田菜七子(18)が浦和3Rで待望の初勝利を挙げた。これが通算36戦目(中央22戦、地方14戦)。

 レースは2番人気アスキーコード(浦和・酒井)で果敢にハナを奪取。そのまま後続に並ばれることなく、ゴール板を駆け抜けた。

 今月3日に川崎で初騎乗し、5日に中央デビューを果たした藤田。川崎では6鞍中4鞍で掲示板(5着以内)を確保。中央デビュー戦では前走10着だったネイチャーポイントを好騎乗で2着に導き「早く1勝できるように頑張ります」と力強く宣言していた。

 20日にはスプリングS(G2)でモウカッテルに騎乗。9着に終わったが、JRA女性騎手史上最速となる重賞デビューを果たした。

続きを表示

この記事のフォト

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2016年3月24日のニュース