【若葉S】ナムラシングン皐月権利獲りへ さらに状態アップ

[ 2016年3月17日 05:30 ]

 【東西ドキュメント・栗東=16日】今週はスプリングS、阪神大賞典など4重賞に加えて皐月賞トライアル・若葉SとG1につながるステップレースがズラリ。高松宮記念1週前取材も欠かせない。各記者が調教スタンド、坂路、厩舎を駆け回って大忙しの一日になった。

 柏原は若葉S取材で高野厩舎へ。ナムラシングンは前走・つばき賞で500万をクリア。中3週のここにピッタリ照準を合わせてきた。高野師の感触がいい。

 「この中間もいい感じですよ。実戦でいかに乗りやすくするかがテーマで、やるべきことをしっかりできています。状態はもう一段階、上がっているし、スムーズな競馬ができれば」

 発馬、折り合いなど、まだ粗削りな面はあっても能力は確か。「何とか権利を取りたい」と力を込める。6年前に皐月賞を制した父ヴィクトワールピサのDNAを受け継ぐ期待馬がクラシックの大舞台を目指す。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2016年3月17日のニュース