高知競馬ホクホク 菜七子フィーバーで今年最多2660人の大観衆

[ 2016年3月16日 05:30 ]

 菜七子フィーバーで南国土佐が盛り上がった。高知競馬場は今年最多となる2660人の大観衆。昨年の黒船賞当日が1588人だから、前年比約1・7倍。04年3月22日、ハルウララに武豊が騎乗した時の1万3000人には及ばないが、テレビや新聞を合わせて報道陣51社が駆け付けるなど大いににぎわった。1日の総売り上げも前年比1・6倍の6億3687万2800円だから、高知競馬はホクホク顔だ。

 場内で焼き鳥を売り続けて25年となる「まるまん」の西森美江さんは「きょうはいつもの1・5倍ほど仕込みました」と笑みを浮かべた。スポニチ本紙にも寄稿している競馬ライターの井上オークスさんは、1Rのパドックに詰めかけた多くのファンを目にして、「黒船賞のパドックでもこんなに集まらないですよ」とうれしさと驚きが入り交じった表情だった。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2016年3月16日のニュース