御神本厩務員、南関騎手免許再受験で不合格「来年の試験目指す」

[ 2016年3月14日 05:30 ]

 13年南関リーディングジョッキーで、昨年5月31日に騎手免許を失効した御神本訓史調教厩務員(34=大井・三坂)が騎手免許再受験で不合格だったことが13日、分かった。御神本元騎手が明らかにした。来年度も受験し騎手復帰を目指す。

 昨年2月、大井の騎手調整ルームに資格のない者を入室させたことが判明。実効30日間の騎乗停止期間中の3月17日に行われた免許試験委員会(継続試験)で不合格となり厩務員に。再受験(新規)は継続受験と異なり、1次(筆記など)と2次(面接など)があるが、今回は1月の1次試験を突破できなかった。

 不合格の結果を受け、御神本元騎手は「残念だが、また1年、来年の試験を目指して厩務員を続ける」と明言した。騎手免許試験は所属する競馬場・厩舎を明確にする必要があり、引き続き三坂厩舎で勤めながら南関の免許受験に備える。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2016年3月14日のニュース