【中山牝馬S】戦い終えて

[ 2016年3月14日 05:30 ]

 ▼3着メイショウスザンナ(大野)スローだったけどリズム良く運べた。うまく脚を使えたし、こういう競馬がいいのかな。

 ▼4着アルマディヴァン(高橋文師)うまくゲートを出たのであの位置取りだった。最後も脚を使えているし次につながる。

 ▼5着ハピネスダンサー(吉田隼)外から閉められてしまったが、その後も追い上げていた。

 ▼6着ヴィルジニア(鮫島駿)リズム良く走れて、直線まではイメージ通り。この馬のラストランだったので結果を出せず申し訳ない。

 ▼7着リメインサイレント(津村)うまく流れに乗って、頑張ってくれた。

 ▼8着アースライズ(川須)外から来られて動けなかった。差のないところまで来たので不完全燃焼です。

 ▼9着フレイムコード(菱田)スタートでうまく出られなかったのが全て。

 ▼10着レイヌドネージュ(石川)最後に脚を使っているだけに、展開が流れてくれれば。

 ▼11着キャットコイン(柴山)もう少し前で競馬したかった。力のある馬なので、あとはきっかけだけ。

 ▼12着リーサルウェポン(内田)3角から上がれば良かったけど、少し我慢し過ぎたかも。

 ▼13着ノボリディアーナ(田中勝)道中は折り合いが付いたが、ペースが上がって付いていけなかった。

 ▼14着ウインリバティ(柴田大)この馬にとっては最悪の流れだった。反応もイマイチ。

 ▼16着クインズミラーグロ(蛯名)ピリッとしなかった。本来はいい形のはずなんだけど。

続きを表示

「ドバイワールドカップデー」特集記事

「春の中距離王決定戦 大阪杯」特集記事

2016年3月14日のニュース