【中日新聞杯】ケツァルテナンゴ 笹田師「精神的に成長」

[ 2016年3月10日 05:30 ]

 昨年のファルコンS(6着)以来の重賞挑戦となるケツァルテナンゴは坂路単走で上がり重点にラスト12秒2。笹田師は「あまりやりすぎても苦しがるので、このぐらいで」と納得の表情だった。

 前走の白富士Sは中団からグイグイ伸びて接戦を制した。「精神的に成長して、ムキにならず走れている。左回りで崩れずいい競馬をしているから」と好勝負を期待した。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2016年3月10日のニュース