【中日新聞杯】クルーガー2馬身先着 福永「乗りやすくていい動き」

[ 2016年3月10日 05:30 ]

 土曜中京で行われる「中日新聞杯」の追い切りが9日、栗東、美浦トレセンで行われた。2連勝中のクルーガーは初コンビを組む福永を背にしての最終追い。坂路でナムラシングン(3歳オープン)と併せて軽く仕掛けられると、2馬身突き放した。鞍上は「最後の1Fだけ伸ばしてくれとの指示。乗りやすくていい動き」と感触の良さを伝えた。

 昨年の京成杯3着後に、右膝の軽い骨折が判明して出世が遅れた。ただ焦らず復調を待ったことで、軌道に乗ってきた。前走で2着に負かしたキャンベルジュニアは次走の関門橋Sを圧勝。相手強化でも臆することはない。高野師が「トモがしっかりしました。以前はグニャグニャだったんですけど」と話すように充実ムードが漂う。

 福永にとっても先月に落馬負傷から復帰して、昨年の南部杯以来となる重賞Vのチャンス。鞍上は「最後方からビュッというタイプじゃないしね。乗っている感じはいろいろな競馬ができそう」とイメージを膨らませている。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2016年3月10日のニュース