木幡Jr「兄よりも上の着順を」 父・初広、兄・初也も現役騎手

[ 2016年3月4日 05:30 ]

ポーズをとる菊沢(左)と木幡巧

 木幡巧也(19)は現役JRA騎手の初広を父、初也を兄に持つ競馬一家。土、日曜の中山で8頭。うち7頭は所属する牧厩舎の所属馬。師匠から手厚いバックアップを受けた木幡巧は「本当にありがたいです。先生は厳しくて熱い。愛を感じます。感謝を忘れずに頑張っていきたい」と目を輝かせる。

 土曜中山1Rは、前走(6着)で兄・初也が騎乗したプリンセスミエルで初陣。「兄よりも上の着順を目指したい」とプロ魂を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2016年3月4日のニュース