実習中骨折で大ケガ 留年乗り越え、森裕“やっとという思い。楽しみ”

[ 2016年3月4日 05:30 ]

森裕太朗

 森裕太朗(19=鈴木孝)は、実習中に大腿骨や骨盤を骨折する大ケガを負いながら競馬学校を4年かけて卒業、デビューを迎えた。「1年留年しているんで、やっとジョッキーになれたという思い。楽しみですね」と目を輝かせる。

 デビュー日の土曜小倉6Rティーエスカクタスは自厩舎の馬。前走3着からチャンスはありそう。「スタートは速いし、前に行って押し切れれば。先生には1年多く見てもらっているし恩返ししたいですね」と力を込めた。

続きを表示

「マーチS」特集記事

「2020 大阪杯」特集記事

2016年3月4日のニュース