【小倉大賞典】戦い終えて

[ 2016年2月22日 05:30 ]

 ▼2着ダコール(小牧)馬場は苦にしていなかった。展開も流れも完璧だったが…。悔しい。

 ▼4着ケイティープライド(鮫島駿)折り合いもスムーズで、ロスなく立ち回れた。

 ▼5着ハピネスダンサー(吉田隼)馬場のいいところを走れて、直線も狭いところを抜け出せたが…。

 ▼6着ベルーフ(フォーリー)距離が短く、前に出して行きながらの競馬。エンジンが掛かるのも遅いので。

 ▼10着マイネルフロスト(蛯名)ゲートの中でうるさくて…。この馬の持ち味を出せなかった。

続きを表示

「ドバイワールドカップデー」特集記事

「春の中距離王決定戦 大阪杯」特集記事

2016年2月22日のニュース