荻野極 有馬見て騎手志す「格好良くてびっくり」目標は浜中騎手

[ 2016年2月12日 05:30 ]

明るい未来へ!!青空に向かって笑顔でジャンプする栗東所属の3人(左から荻野極、坂井瑠星、森裕太朗)

 荻野極(きわむ)は中学1年生の時、有馬記念のTV中継を見て騎手を志した。「格好良くて、びっくりしました」と振り返る。

 目標の先輩については「浜中騎手のように、大胆で迫力のある乗り方に憧れています。馬の全能力を発揮させられる騎手になりたいですね。まずは清水厩舎の馬で1勝できるように乗りたい」と意欲を燃やした。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2016年2月12日のニュース