【根岸S】1番人気モーニン 直線抜け出し重賞初制覇

[ 2016年1月31日 15:50 ]

<根岸ステークス>レースを制したモーニン(15番)

 「第30回根岸ステークス」(G3、ダート1400メートル・晴・やや重)は31日、東京競馬場11Rで行われ、戸崎騎手騎乗の1番人気のモーニン(牡4=石坂厩舎、父ヘニーヒューズ、母ギグリー)が優勝した。

 そろったスタートからシゲルカガが果敢に先行。モーニンはグレープブランデー、タガノトネールなどと2番手を争った。タールタン、プロトコルは中団に付け、アンズチャン、プロトコルは後方に構えた。

 シゲルカガがその後も先行するも、モーニンとタガノトネールがじわじわと接近。4コーナーをほとんど差がなく通過した。タールタンが4番手付近にまで浮上し、レースは直線を迎えた。

 直線に入り、モーニンとタガノトネールの2頭が抜け出す。すると、直線半ばでモーニンがタガノトネールを振り切って単独の先頭に。猛追するタールタンもかわして1着でゴールした。

 タールタンが1/2差の2着。そこから1馬身3/4差の3着にはグレープブランデーが入った。

 モーニンは、初の重賞制覇。全成績は6戦5勝。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2016年1月31日のニュース