【東京5R新馬戦】9番人気オアーゾ 逃げ切ってデビュー戦∨

[ 2016年1月31日 12:58 ]

東京5R新馬戦を制したオアーゾ

 メイクデビュー東京は31日、東京競馬場5R(芝・1800メートル・晴・良)で行われ、柴田大騎手騎乗の9番人気、オアーゾ(牝3=勢司厩舎、父ネオユニヴァース、母アワーオアシス)が逃げ切り快勝。勝ち時計は1分49秒8。

 オアーゾが勢い良くゲートを飛び出し先行。ケイツールナ、シグムンドが2番手を争い、その後ろを1番人気のレッドアルカナ、スカイムーヴァーなどが追走した。2番人気のクーラーキング、4番人気のヨシノザクラなどは中団から前を追った。

 オアーゾは2番手集団に2馬身差を付けて3、4コーナーを先頭で通過。変わらずケイツールナとシグムンドがその後ろに続き、スカイムーヴァー、ヨシノザクラが徐々に位置を上げて直線に入った。

 直線の入り口でオアーゾがリードを4馬身に広げる。スカイムーヴァーとヨシノザクラが追走するも、なかなか差は縮まらず、そのままオアーゾが逃げ切り勝ちを決めた。

 スカイムーヴァーは2馬身差の2着。そこから首差の3着がヨシノザクラだった。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2016年1月31日のニュース