【京都4R新馬戦】1番人気ヒーローメーカー 直線伸ばして∨

[ 2016年1月31日 12:22 ]

京都4R新馬戦で2馬身差で勝利した小牧騎手騎乗のヒーローメーカー(左)

 メイクデビュー京都は31日、京都競馬場4R(ダート・1400メートル・晴・重)で行われ、小牧騎手騎乗の1番人気、ヒーローメーカー(牡3=森田厩舎、父エンパイアメーカー、母スイートピグレット)が直線で伸ばしてデビュー戦を制した。勝ち時計は1分24秒8。

 メイショウトヅガワが好スタート。ピカデリー、ベリースコールがすぐ後ろを追走し、3頭が先行していった。2番人気のチカリータが4番手に付け、ヒーローメーカーやショウサングランドは中団に構えた。

 ピカデリーが先頭で3、4コーナーを通過。差がなくベリースコール、メイショウトヅガワも後に続いた。外からはチカリータ、ヒーローメーカーが差を詰めて直線へと入った。

 直線に入るとチカリータとヒーローメーカーが伸ばして、各馬を置き去りに。2頭による先頭争いとなったが、ゴール手前でヒーローメーカーがチカリータを振り切って1着でゴールした。

 チカリータは2馬身差の2着。そこから3馬身離れた3着にはショウサングランドが入った。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2016年1月31日のニュース