大井5Rで7頭落馬…騎手5人が負傷し騎乗取りやめ

[ 2016年1月16日 05:30 ]

大井競馬5Rで7頭が落馬するアクシデントが起きた※TCK提供

 15日の大井5Rで7頭の落馬事故が起こった。

 3角でアエノブリザードが右第一指骨粉砕骨折し転倒。あおりを受け6頭が落馬した。同馬騎乗の滝川とトランスフォンテンの有年が救急搬送され、滝川は頭部、右上肢、左上下肢、左腰部打撲、けい椎捻挫、有年は左側胸部、けい部打撲の診断。スマートウィンザーの柏木はけい部捻挫。ネロフレイバーの本橋は右左足、背部打撲。フォージドリシャルの山崎誠は3着入線も、3角で故障馬と接触し左上肢打撲。以上5人はその後の騎乗を取りやめた。マグネイトの高橋昭、ラッキーハンターの本田重、ヘルキャットの江里口は異常なく、落馬に巻き込まれた6頭の馬も異常はなかった。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2016年1月16日のニュース