【朝日杯FS】スピネル 大記録懸かる武豊、笹田師も自信満々

[ 2015年12月15日 05:30 ]

 前哨戦の1つであるデイリー杯2歳Sを完勝したエアスピネル。鞍上・武豊のJRA平地G1完全制覇の大記録が懸かるが、笹田師からは揺るぎない自信が伝わってくる。

 「2戦目で重賞挑戦。3連勝の馬もいたが、あらためて能力の高さを感じさせてくれた。抜け出して“流している”状態でもそこから伸びている。よほど心肺機能が高いんでしょう」と話す。調教の動きもさらに良化。現時点で隙は見当たらない。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2015年12月15日のニュース