16年開催日程発表 60年ぶり有馬ウイーク金、土、日3日間開催

[ 2015年10月20日 05:30 ]

 JRAは19日、東京都港区の六本木事務所で関東定例記者会見を開き、16年の開催日程を発表した。来年の中央競馬は1月5日の東西金杯で開幕し、12月25日の有馬記念まで全10場で107日開催する。有馬記念が行われる週は金~日曜の3日間開催。年末最後の開催が金~日曜の3日間で行われるのは56年以来60年ぶりとなる。また年初は5日(火曜)のみの開催で、9~11日に3日間開催する。

 重賞番組では牝馬重賞が改善され、秋華賞トライアルの紫苑Sがオープン特別からG3となり優先出走権が現行の「2着以内」から「3着以内」に拡大される。その他の主な変更点は以下の通り。

 ・阪神牝馬Sが芝1400メートルから芝1600メートルに。

 ・愛知杯が1回中京で復活。

 ・京都牝馬Sが1回京都から2回京都に移り、距離も芝1600メートルから芝1400メートルに。

 ・サウジアラビアロイヤルCが「重賞」から「G3」に。

 ・ターコイズSが「新設重賞」から「重賞」に。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2015年10月20日のニュース