【府中牝馬S】11番人気の伏兵ノボリディアーナ重賞初V

[ 2015年10月18日 05:30 ]

<府中牝馬S>レースを制した(15)ノボリディアーナ

 「第63回府中牝馬S」が17日、東京競馬場で行われた。11番人気のノボリディアーナが中団から差し切り勝ち。重賞初制覇を飾るとともにエリザベス女王杯(11月15日、京都)優先出走権を獲得した。

 過去5回の重賞は全て着外に敗れた伏兵の大逆転V。直線坂上、1番人気スマートレイアーを外から1馬身1/4突き放す完勝ゴールにルメールが驚きの声を上げた。「乗っていてもビックリ。瞬発力はないけど、長くいい脚を使ってくれた。前走(小倉日経オープン2着)は直線が短かったみたい。長い方が合う」と語る。昨年12月、今年1月と2戦連続で準オープン最下位からの大変身。「ゲートでイレ込んで出遅れるレースが続いたが、ゲート練習に専念したらまともになってきた。まだ信用できないけど、普通に出ればこれぐらい走れる」と中山助手。古馬牝馬戦線に思いがけないダークホースが出現した。

 ◆ノボリディアーナ 父フレンチデピュティ 母スターリーロマンス(母の父サンデーサイレンス)牝5歳 栗東・松永昌厩舎所属 馬主・原田豊氏 生産者・北海道千歳市社台ファーム 戦績21戦6勝 総獲得賞金1億4303万円

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2015年10月18日のニュース