【中山新馬戦】1億9000万円馬マツリダバッハ豪快V“グンと伸びた”

[ 2015年10月5日 05:30 ]

 中山5R新馬戦(芝1800メートル)は、10年ダービー馬エイシンフラッシュの半弟、マツリダバッハ(国枝、父ディープインパクト)が内から豪快に1馬身1/4突き抜けた。手綱を取った蛯名は「最後にグンと伸びた。そのあたりは素質でしょう。心身とも大人になればもっと走れる」と評価。

 5月の千葉サラブレッドセールで最高額となる税別1億9000万円の値が付いた良血。国枝師は「調教では見せてくれたことがない力強い走りだった。課題はたくさんあるが、壊さないように育てたい」と語っていた。

続きを表示

「優駿牝馬 第80回オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2015年10月5日のニュース