【伊勢崎・オートレースGP】遠藤 浜松のムードメーカー、連勝だ

[ 2015年9月20日 05:30 ]

1着発進で充実の表情を見せる遠藤

 浜松支部のムードメーカーが最高の滑り出しを決めた。初日7R、遠藤は10線6枠から序盤で先頭に躍り出る最高の展開に持ち込んだ。しかし「周回の後半は乗りづらかった」。内山に鋭く追い込まれ、わずかなミスも許されない緊迫した状況。それでも、最後は気合で粘って1着ゴールを果たした。レース後は「良かった…。スタートを行かなかったら何もない足だった。SGの1着だし、うれしい」とホッとした表情。「タイヤで粘れたのもあるが、エンジンもいい部分があると思う。引き出してやりたい」。すぐに上積み作業へ、愛車と向き合った。2日目9R「二次予選A」は強メンバー集結だが、勢いに乗って遠藤が敢然と連勝にアタックする。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2015年9月20日のニュース