【阪神ジャンプS】オースミムーン 人気応えジャンプ重賞6勝目

[ 2015年9月20日 05:30 ]

 阪神8Rの阪神ジャンプSは残り800メートル手前で動いたオースミムーン(牡6=松下、父アドマイヤムーン)が楽な手応えのまま押し切り、単勝1・3倍の断然人気に応えた。ジャンプ重賞6勝目。高田は「折り合い重視で運んだ。勝負どころでは“勝てる”と思っていたし、直線に向いて遊ぶ余裕もあった」と笑み。鞍上は10年から同レース6年連続連対。障害重賞では史上初の快挙だが「そういう記録は興味なくなった」と涼しい顔。平地重賞では武豊が天皇賞・春(89~94年)、弥生賞(96~01年)で6年連続連対している。

 ◆オースミムーン 父アドマイヤムーン 母レディクライマー(母の父リアルシャダイ)牡6歳 栗東・松下厩舎所属 馬主・オースミ 生産者・北海道日高町の山際辰夫氏 戦績29戦7勝(うち障害18戦7勝)総獲得賞金2億5033万9000円(全て障害)。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2015年9月20日のニュース