【京成杯AH】オリオン&アリオン 大敗もサマーマイル同点王者

[ 2015年9月14日 05:30 ]

 サマーマイルシリーズで11ポイントを獲得して首位に並んでいたスマートオリオンとレッドアリオンだったが、それぞれブービー15着としんがり16着に大敗。2頭とも1ポイントのみの加算だったが、優勝したのがシリーズ初参戦のフラアンジェリコで10点止まりだったため、合計12ポイントの同点でシリーズ王者の座を分け合った。

 2頭とも好位3~4番手の正攻法で勝負に出たが、直線で完全に失速。中京記念の覇者スマートオリオンに騎乗した内田は「いい感じで行っていたが、最後は“押しくらまんじゅう”になった。疲れが出てきているのかな…」と首をひねった。

 関屋記念を制したレッドアリオンの川須も「3コーナーの勝負どころで脚を突っ張る感じになった。きょうは気性の悪い面が出た」と無念の表情だった。両馬主にそれぞれ1200万円、厩舎関係者に300万円が贈られる。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2015年9月14日のニュース