【岐阜記念】山崎まくった!記念16度目V“岐阜は相性がいい”

[ 2015年9月14日 05:30 ]

岐阜記念で優勝し、カップを掲げる山崎芳仁

 岐阜記念決勝 山崎芳仁(88期)がまくって4月高知以来、通算16回目の記念V。岐阜記念は昨年に続く連覇。

 レースは武田―桑原―山崎―渡辺―竹内―志智―浅井―柴崎―野田で周回。打鐘前に前に踏み込んだ山崎はカマした竹内―志智の3番手をキープ。5番手武田の仕掛けに合わせてまくり切った。「岐阜は本当に相性がいい。前々に攻める気持ちが結果につながった」。

 前回G1の寛仁親王牌では2日目に失格となっている。19日からの松戸オールスターでは「迷惑をかけないように精いっぱい頑張る」と話した。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2015年9月14日のニュース