【セントウルS】戦い終えて

[ 2015年9月14日 05:30 ]

 ▼5着マヤノリュウジン(横山典)頑張っているし、まだ衰えていない。

 ▼6着メイショウツガル(幸)内々でロスのないレースをしようと。こういう競馬を続けていけば。

 ▼7着ミッキーラブソング(小牧)一瞬来るかと思ったけど。枠が外(13番)じゃなければ。

 ▼8着ハクサンムーン(酒井)この馬のペースを大事にした。いつもほどグッと来る感じじゃなくて…。

 ▼9着リトルゲルダ(川田)4コーナーまでいい雰囲気で行けました。動けるようになるまで、もう少し時間が必要かも。

 ▼10着メイショウイザヨイ(太宰)スピードは通用するけど、外枠(15番)過ぎました。

 ▼11着ホウライアキコ(池添)行けたら行ってくれと指示。あの位置から脚をタメたが…。

 ▼12着ブランダムール(四位)なし崩しに脚を使って持たなかった。北海道がマッチしている。

 ▼13着マイネルエテルネル(和田)いいところにつけられたけど、最後は止まってしまった。

 ▼14着ルチャドルアスール(平野)周りが速くて行けなかった。行った方が良さが出るタイプなので。

 ▼15着サカジロロイヤル(国分優)思ったよりダッシュがつかず包まれる展開になってしまった。

 ▼16着マテンロウハピネス(浜中)久々でテンションが高かった。後ろからの競馬も、初めてでちゅうちょしていた。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2015年9月14日のニュース