【函館記念】戦い終えて

[ 2015年7月20日 05:30 ]

 ▼5着レッドレイヴン(柴山)コースロスがあった。ダラダラした競馬になってしまった。

 ▼6着ツクバコガネオー(勝浦)手応えは悪かったのに、しぶとく頑張ってくれた。

 ▼7着アーデント(武豊)ゲートはタイミングが合っても前に進んでいけない。大跳びの馬なので覚悟はしていたし、腹をくくって後ろから。

 ▼8着マイネルミラノ(丹内)ゲートをじっくり出してハナへ。折り合いは付いたけど4角手前で手応えがなかった。

 ▼9着ヴァーゲンザイル(田辺)二千の競馬は久しぶりだったので追走がしんどかった。

 ▼10着ラブイズブーシェ(古川)押し上げていけたし復調の兆しは見えた。

 ▼11着デウスウルト(川田)スムーズに運べたが3角で手応えがなかった。疲れがあったのかな。

 ▼12着リベルタス(吉田隼)もう少し馬場が悪い方がよかった。ペースが上がってついていけなかった。

 ▼13着サイモントルナーレ(井上)追っつけ通しでした。

 ▼14着エックスマーク(三浦)前には行けたけど脚をとられていた。

 ▼15着ホーカーテンペスト(四位)前で競馬できなかったのでジワーッっと進出したが3角でいっぱいになった。

 

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2015年7月20日のニュース