オルフェ&カナロア初年度産駒、高値連発!最高額は8600万円

[ 2015年7月15日 05:30 ]

8600万円の値がついたリュシオルの2015

セレクトセール2015 当歳セリ

 日本最大の競走馬セリ「セレクトセール2015」(日本競走馬協会主催)が14日、北海道苫小牧市のノーザンホースパークで2日目の当歳セリが行われた。注目はオルフェーヴル&ロードカナロアの初年度産駒。ともに上場された産駒はコンスタントに高値で取引され2頭とも種牡馬として好スタートを切った。

 オープンニングからオルフェーヴルの初年度産駒に注目が集まった。当歳セリ1番となる上場番号301は、父と同じ栗毛の「カリフォルニアネクターの2015」(牡)。4000万円の開始コールとともに手が上がる人気ぶりだ。最終的に「ダノン」の冠名で知られるダノックス会長の野田順弘(まさひろ)氏が8000万円(以下全て税抜き)で落札。同氏は「初年度産駒だし、馬も大変気に入った。上(ダノンアイリス)を持っていて血統的にも最初から狙っていた馬。(上場番号)1というのも、いいんじゃないかな。競馬はロマンですからね」と話した。

 オルフェーヴル産駒は17頭が上場され、8000万円以上の値がついた馬が3頭。最高落札額は「リュシオルの2015」(牡)の8600万円。「馬格がいいし走ってくれると思う。いい買い物ができた」と競り落とした近藤利一氏。

 また、ロードカナロアの初年度産駒も盛況。最高額は6600万円の「ワイルドラズベリーの2015」(牡)。落札した野田みづき氏は「欲しいと思っていた馬。金額も考えている範囲内で収まったので」と上機嫌。近年の同セールからミッキーアイル、ミッキークイーンのG1馬を発掘しており「馬のことはよく分からないけど、いい感じでしたね。お父さんと同じぐらい走ってくれたら」と期待を寄せた。預託先は安田厩舎に決定。父も管理した安田師は「いい筋肉をしていてお尻もプリプリ。一番カナロアに似ているね」と絶賛。2頭の産駒は2年後にデビュー、それぞれの父に続けとばかり世界制覇を目指すことになる。

続きを表示

この記事のフォト

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2015年7月15日のニュース