【東京新馬戦】ダノンキャップ 藤沢和師太鼓判「動きが機敏」

[ 2015年6月26日 05:30 ]

 東京日曜5Rでデビューするダノンキャップ(牡=藤沢和、父イフラージ)は、昨年のセレクトセールで7128万円(税込み)で落札された期待の馬。英G2パークSを連覇した父を持ち、いとこはデビュー5連勝のカレンブラックヒル。

 24日の最終追いは坂路馬なりで4F55秒6。先週除外された影響を感じさせない素軽い動きでサトノヒーロー(6歳障害未勝利)と併入した。藤沢和師は「動きが機敏な馬。ここまで順調に来ている」と太鼓判を押した。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2015年6月26日のニュース