【安田記念】(14)サトノギャラント、末脚勝負へ良馬場願う

[ 2015年6月6日 05:30 ]

 木曜追いのサトノギャラントは軽めの運動で息を整えた。枠は7枠14番。藤沢和師は「(後ろから)ズド~ンという馬なので。枠はどこでも」と穏やかな表情。前走・谷川岳S(1着)は3F31秒9の剛脚。「前走はなかなかいい脚を使った。あれだけ切れる馬だから、馬場はいい方がいいね」と良馬場を願った。通常より1日早い土曜輸送で東京入りする。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2015年6月6日のニュース