【ヴィクトリアM】ディアデラマドレ前走より反応よし

[ 2015年5月13日 15:57 ]

 ディアデラマドレはCWコースで藤岡康を背に最終調整。3頭併せの最内に入り序盤は外・エックスマーク(6歳オープン)、中・レッドルーラー(5歳1000万)の2頭を前に見るように3馬身ほど離れて追走。3角入り口から鞍上が手綱を絞りスイッチを入れると、瞬時に加速して6F84秒4。ラストも馬なりのまま12秒0の好時計で、中のレッドルーラーを半馬身突き放し最先着でゴール板を駆け抜けた。

 藤岡康は「テンションが上がり過ぎることなく、最後まで集中して走れていた。前走より反応も良く、一度使われて状態は上向いている」と好感触を口にした。

続きを表示

「2021 ヴィクトリアM」特集記事

「京王杯SC」特集記事

2015年5月13日のニュース