美浦Wコース左回り試乗会で“不満”噴出「追い切り難しい」

[ 2015年5月13日 05:30 ]

 美浦トレセンのウッドチップ(W)コースで、逆周回(左回り)の試乗会が12日に開かれた。小島茂、鹿戸、和田雄ら5厩舎の所属馬13頭に10人の騎手と3人の調教師が騎乗し、一斉に馬場入り。左回りの感触を確かめた。

 ミュゼエイリアンに騎乗した横山典や馬場保全委員の田中勝、北村宏、丸田ら騎手は「左回りだと直線が下り勾配になるため、追い切りをかけるのは難しい」と報告。馬場保全委員長を務める藤沢和師ら調教師の多くは「現状のWコースは混雑して危ない」と指摘し、左回りのWコース新設を熱望した。

 美浦の調教施設の中で最も多く利用されているWコースは、直線400メートルに1%の上り坂が設けてある右回り専用。東京、新潟競馬場など左回りのコーナーで外に膨らむ2歳馬が多いことから、左回りでの調教を熱望する声が激増していた。栗東のWコースでは左回り調教も実施しているだけに、JRAには美浦の施設改善が早急に求められる。

続きを表示

「2021 ヴィクトリアM」特集記事

「京王杯SC」特集記事

2015年5月13日のニュース