【桜花賞】キャットコイン 48歳善臣、初クラシックへ「いい雰囲気」

[ 2015年4月9日 05:30 ]

柴田善を背に併せ馬で追い切るキャットコイン(左)

 クラシック第1弾「第75回桜花賞」の追い切りが8日、栗東、美浦トレセンで行われた。3戦無敗のステイゴールド産駒キャットコインは滞在中の栗東で、柴田善臣(48)を背に素軽い動きを披露、落ち着き払った精神面の成長と合わせて仕上がりの良さを感じさせた。なお、同レースは9日、出走馬、枠順が確定する。

 キャットコインは柴田善が滞在中の栗東に駆け付け、CWコースで併せ馬。クラシックメタル(4歳1000万)を4馬身追走からスタートした。4コーナーで内に切れ込み直線を向くが鞍上の腕は動かない。すぐに僚馬に並び掛けると、馬なりのまま加速して首差先着でフィニッシュ。余計な力みのないスムーズな走りに、見守った二ノ宮師の声も自然と弾んだ。

 「気性が勝っている馬なので、強い調教は要らない。鞍上には、馬をリラックスさせて馬なりで走らせてほしいとお願いした。カイバ食いが細いので馬体減りを心配していたが、それほど減っていない。何より、美浦にいる時より落ち着いているのがいい」

 今年2月に急死した父ステイゴールドの血をしっかり受け継いだ、激しい気性の持ち主。美浦では馬場入りの際にチャカつき、担当者がぴったり寄り添ってなだめるシーンが見られた。それが一変、今は反抗することなく素直に鞍上の指示に従う。

 柴田善も確かな手応えを感じている。「角馬場でも本当に落ち着いていて、いい雰囲気だった。それを確認できたのが最大の収穫。足を運んだかいがあった。栗東の環境、というより馬の精神面が成長しているのが大きいんじゃないかな」と笑みを浮かべた。

 勝てばクラシック初戴冠。桜花賞はこれまでに13回挑戦して2着(2回)が最高。あと一歩のところで手が届いていない。「クラシックは3歳のこの時期っていうのもあるから、タイミングとか運もあるんでしょう。でも、獲っていないG1は他にもたくさんあるから」と、あくまで自然体で挑む構えだ。

 阪神はタフで力を要する馬場状態。週中も関西地方は雨が多く、週末にかけて天気は不安定。「体の使い方が上手なので、脚を取られる馬場でも上手にバランスを取って走れる」(柴田善)と、道悪適性はお墨付き。過去3戦とも、異なる展開を制してのV。どんな競馬にも対応できるレースセンスを武器に、無敗女王の座を奪い取る。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2015年4月9日のニュース