【スプリングS】ベルーフ、気性面に課題「気の悪さ見せなければ」

[ 2015年3月19日 05:30 ]

 ベルーフは川田を背にCWコースで3頭併せ。外コルサーレ(4歳1000万)、中にクィーンチャーム(3歳新馬)の最内に入り6F83秒5。しまいまで負荷を掛けられラスト12秒0。コルサーレに3馬身追走から首差先着した。

 川田は「1週前は気の悪さを見せて直線でも動かなかった。今週は動き自体は良かったが、抜け出してから走るのをやめてしまっていた。レースで気の悪さを見せなければ」と気性面を課題に挙げた。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2015年3月19日のニュース