ムチ贈呈式 騎乗停止中のルメール複雑「何て言っていいのか…」

[ 2015年3月6日 05:30 ]

ムチ贈呈式を終え肩を組むルメール(左)とM・デムーロ

 1日からJRA騎手となったクリストフ・ルメール(35)、ミルコ・デムーロ(36)のムチ贈呈式が5日、栗東トレセンで行われた。2騎手はタイミングが合わなかったため、新人騎手のムチ贈呈式から1週間遅れで出席。

 デビュー前日の2月28日、調整ルームで携帯電話を使用し30日間の騎乗停止となったルメールは「何て言っていいのか分からない…」と言葉を探しながら、「騎乗できる日を楽しみにしています」と4月4日以降の“デビュー”を見据えていた。

 デビュー日に重賞V(阪急杯)を含む3勝の活躍を見せたミルコは「凄くうれしい。いいスタートを切れたし、続けていきたいね」と笑顔で話した。

続きを表示

「2020 高松宮記念」特集記事

「日経賞」特集記事

2015年3月6日のニュース