【中山新馬戦】父超え目標の新米調教師 イントゥイシオンで初陣へ

[ 2015年3月6日 05:30 ]

3月7日に初陣を迎える池上昌和師

 【東西ドキュメント・美浦=5日】1日に開業した池上昌和師(40)を初取材。気難しい人だったら…と気をもんでいた村松だったが、「厩舎でスポニチとってますよ」と優しい対応に、胸をなで下ろした。

 土曜中山4R(新馬戦)イントゥイシオン(牝、父スターウィットネス)が抽選を突破して出走決定。関東新規開業組の先陣を切る。「大型馬なので先週はモタモタしていましたが、今週はいい動き」と期待を持って送り込む。それにしても初出走が新馬とは、何ともフレッシュな組み合わせだ。

 目標は、同じく美浦で開業する父・池上昌弘師(67)。「先週、父が達成した400勝を超えたい。父は同じ40歳で開業したんですよ」と目を輝かせた。英、仏、米と、海外経験も豊富な新米トレーナー。「目標はダービー」と話したが、先々は海を越えての活躍も期待できそうだ。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2015年3月6日のニュース