アドマイヤオーラ急死…11歳、放牧中に負傷 07年弥生賞など重賞3勝

[ 2015年3月4日 05:30 ]

 07年弥生賞など重賞3勝を挙げたアドマイヤオーラが3日、左前肩甲骨の複雑骨折のため急死した。11歳。28日に優駿スタリオンステーションで放牧中に負傷。3日に検査した結果、予後不良と診断された。

 父アグネスタキオン、母ビワハイジ、半妹ブエナビスタという良血で11年から種牡馬入り。昨年デビューした初年度産駒からクロスクリーガーやゴールドペガサスなどの活躍馬を出し、今年は150頭以上の配合申し込みがあった。同SSの藤本一真氏は「既に7頭の種付けを終えていました。産駒が走りだしてこれからの活躍を期待していただけに残念です」と話した。

続きを表示

「2021 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2015年3月4日のニュース