テレ東競馬番組 後藤騎手追悼…ジャンポケ斉藤 声詰まらせ「信じられない」

[ 2015年2月28日 16:00 ]

後藤浩輝騎手

 JRAの後藤浩輝騎手(享年40)の訃報から一夜明けた28日、テレビ東京「ウイニング競馬」(土曜後3・00)が放送され、司会を務めるジャングルポケット・斉藤慎二(32)は番組の最後に「番組でもたくさんお世話になったんですが、本当に今でもまだ信じられない気持ちでいっぱいです。後藤騎手との思い出は絶対に忘れません」と時折、声を詰まらせながら追悼した。

 斉藤は「後藤騎手の競馬への思いをしっかりと受け継いで、一生懸命、われわれも皆さんに伝えていきたいなと、そう思っています。後藤騎手との思い出は絶対に忘れません」と神妙な表情。

 後藤騎手は先週21日、東京競馬場で落馬。「検量室前でお話しされた時は笑顔で。次の日も『乗るよ』と言ってくれていたのが、まだ残っているので、いまだに信じられない部分があります」と振り返った。

 「(後藤騎手は)いつも笑顔を振りまいてくれて、自分たちが落ち込んで中継するところを見せたら、後藤騎手もすごくつらいと思いますし…」と言うと、声を詰まらせた。「どれだけ競馬が素晴らしいものか、自分たちが後藤騎手にいろいろ教わったものを、きょうはお伝えできればいいかなと思っていました。後藤騎手、本当にありがとうございました。ご冥福をお祈りします」と締めくくった。

 競馬番組で交流のあった優木まおみ(34)元AKB48の篠田麻里子(28)お笑いコンビ「麒麟」の川島明(36)ら芸能界からも悲しみの声が上がっている。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2015年2月28日のニュース