3度の頸椎骨折から復活した後藤騎手 21日に落馬も翌日2勝

[ 2015年2月28日 05:30 ]

 【後藤騎手と落馬】

 ▼12年5月6日 NHKマイルC(シゲルスダチ)で落馬し、頸椎骨折。

 ▼同9月8日 中山で復帰も3Rの馬場入場時に落馬。当日はその後も騎乗したが、17日に首の違和感を感じ、第1、第2頸椎骨折、頭蓋骨骨折が判明し、再び戦列を離れる。

 ▼13年3月11日 医師には「馬に乗れたら奇跡」と告げられたが退院。19日にランニングなど運動開始。

 ▼同10月5日 東京で約1年ぶりに復帰。翌6日、シンボリエンパイアで復帰後初勝利。「復帰を待っていてくれたみんなの勝利。頑張って良かった」とリハビリを支えた麻利絵夫人、生後6カ月の愛娘・珠々(しゅしゅ)ちゃんを抱きながら涙。

 ▼同14日 交流G1南部杯(盛岡)のエスポワールシチーで復帰後、重賞初制覇。

 ▼14年4月27日 東京で落馬。再び頸椎骨折。

 ▼同11月22日 東京で復帰。「今回は心の底から騎手を辞めたいと思った。うれしいのひと言で片付けられない」。同24日の新馬戦(カボスチャン)で復帰後初勝利を飾る。

 ▼15年2月21日 東京で落馬し、頸椎捻挫。

 ▼同22日 京都で騎乗して2勝。

 ▼同27日 自宅で死亡確認。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2015年2月28日のニュース