【小倉大賞典】カレンブラックヒル、初の小倉で押し切りV

[ 2015年2月22日 15:37 ]

<小倉大賞典>レースを制したカレンブラックヒル

 冬の小倉の名物レース「第49回小倉大賞典」(G3、芝1800メートル・小雨・重)は22日、小倉競馬場11Rで行われ、秋山騎手が騎乗の3番人気、カレンブラックヒル(牡6=平田)がG1馬の実力見せつけ押し切った。勝ち時計は1分48秒3。

 レースはまずまずそろったスタートから、メイショウナルトがハナを主張。小倉初参戦のカレンブラックヒルは2番手追走。ハナノシンノスケ、ウインマーレライがこれに続いた。ラングレーは中団、アロマティコは最後方からレースを進める。

 道中、先頭に立ったカレンブラックヒルがそのまま最終コーナーから直線へ。外から末脚を伸ばすコスモソーンパーク、ダコールが猛追するも、カレンブラックヒルが押し切ってゴールを駆け抜けた。

 コスモソーンパークが1/2馬身差の2着。さらに1/2馬身差でダコールが3着に入った。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2015年2月22日のニュース