【ダイヤモンドS】後藤、落馬で頸椎捻挫…日曜京都で8鞍予定も

[ 2015年2月22日 05:30 ]

 東京11R・ダイヤモンドSで、リキサンステルスは2周目4コーナーで前の馬に触れてつまずき転倒、競走中止した。騎乗した後藤浩輝(40)は頸椎(けいつい)捻挫と診断され、騎乗予定の東京12R・アテーナーズブレスは石橋に騎手変更となった。

 後藤は芝コースに叩きつけられ、担架で競馬場内診療所に運ばれた。額には擦り傷があったが、小走りで検量室に戻り大事には至らなかった。日曜は京都で8鞍に騎乗予定のため、京都に向かった。22日の騎乗可否は当日朝の様子を見て、決めるという。なお同馬は予後不良となった。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2015年2月22日のニュース