【ダイヤモンドS】1番人気フェイムゲーム、史上3頭目の連覇

[ 2015年2月22日 05:30 ]

<ダイヤモンドS>ファタモルガーナ(左)に2馬身差をつけ、連覇を達成した1番人気のフェイムゲーム

 長距離重賞「第65回ダイヤモンドS」が21日、東京競馬場で行われた。道中11番手で折り合った1番人気フェイムゲームが力強く伸びて、重賞4勝目。スルーオダイナ(89、90年)、ユウセンショウ(96、97年)以来となる、3頭目の同レース連覇を飾った。

 58キロのトップハンデも何のその。スタミナが違った。道中は慌てず脚を温存。馬群を縫う余裕があった。残り1Fでファタモルガーナを内から抜き去り、2馬身差の完勝。「前向きに走ってくれた。直線もいい感じで反応してくれた」と北村宏。宗像師も「スタミナがありますね。直線の長い東京も合う」と振り返った。

 有馬記念除外で挑んだ前走・AJC杯(12着)はスローが全て。東京では重賞3勝目。もう、賞金不足で除外になることもない。今後は天皇賞・春(5月3日、京都)を目指す。鞍上は「昨年(6着)のリベンジを」と誓えば、師も「強い馬にモマれ、力もついた」と頂点を見据えた。

 ◆フェイムゲーム 父ハーツクライ 母ホールオブフェーム(母の父アレミロード)牡5歳 美浦・宗像厩舎所属 馬主・サンデーレーシング 生産者・北海道安平町ノーザンファーム 戦績15戦5勝 総獲得賞金2億325万円。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2015年2月22日のニュース