【セントポーリア賞】超良血ドゥラメンテ 5馬身差圧勝

[ 2015年2月2日 05:30 ]

 3歳500万の東京9R・セントポーリア賞は、母アドマイヤグルーヴの超良血ドゥラメンテ(父キングカメハメハ)が断然人気に応え快勝。直線ゴーサインを出されると、桁違いの瞬発力で抜け出し5馬身差をつけた。

 石橋は「いつの間にか先頭に立っていた。ちょっと(モノが)違う、そういうレベルの馬」と称賛しきり。吉田俊介サンデーレーシング代表は「前回悪かったゲートをクリアしてくれて良かった。次は共同通信杯(15日、東京)を予定している」と話した。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2015年2月2日のニュース