JRA年度代表馬にジェンティルドンナ!有馬で有終V

[ 2015年1月6日 17:27 ]

有馬記念で有終Vを飾ったジェンティルドンナ

 JRAは6日、「2014年度JRA賞」の年度代表馬に、引退レースとなった昨年12月の有馬記念を制しG1・7勝目を挙げたジェンティルドンナ(牝5)を選出した。2年ぶり2度目の栄冠で、2度受賞はシンザン、シンボリルドルフ、ディープインパクトなど7頭と並んで最多となる。

 ジェンティルドンナの馬主であるサンデーレーシングの吉田代表は「大変光栄に思います。3年以上にわたった競走生活を無事に終えることができ、最後にまたこのような賞をいただき、ありがとうございました」と喜びのコメント。

 また、石坂師は「有馬記念を使うにあたり、初めての中山や右回り等いろいろ話もありましたが、こういうことをものともせず、最後の有馬記念で勝てたことがインパクトも大きく良かったと思います」。戸崎騎手は「引退の年に年度代表馬になれたことを光栄に思いますし、その馬に乗れたことを幸せに感じます」と称えた。

 なお、各部門の受賞馬は以下の通り

 ▽最優秀2歳牡馬 ダノンプラチナ(牡2)
 ▽同牝馬 ショウナンアデラ(牝2)
 ▽最優秀3歳牡馬 イスラボニータ(牡3)
 ▽同牝馬 ハープスター(牝3)
 ▽最優秀4歳以上牡馬 ジャスタウェイ(牡5)
 ▽最優秀4歳以上牝馬 ジェンティルドンナ(牝5)
 ▽最優秀短距離馬 スノードラゴン(牡6)
 ▽最優秀ダートホース ホッコータルマエ(牡5)
 ▽最優秀障害馬 アポロマーベリック(牡5)

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2015年1月6日のニュース