【中山5R新馬戦】トラストレイカ 差し切りデビューV!

[ 2014年12月13日 12:28 ]

 メイクデビュー中山は13日、中山競馬場5R(ダート1200メートル・晴稍重)で行われ、横山典騎手騎乗の3番人気、トラストレイカ(牝2=尾関厩舎、父ケイムホーム、母シャコージュノー)が、差し切り優勝した。勝ち時計は1分14秒2。

 ばらついたスタートからイオが先頭に立ち、2番手にトラストレイカ、その後にスズダリア、オンユアマーク、クインズアベンチャなどがつける展開。

 4コーナーから直線に入り、逃げ切りを図るイオに2番手追走のトラストレイカがじわじわと迫る。ゴール直前を迎えると、懸命に粘る先頭を一気に差し切って抜け出し、最後は外から伸びたスズダリアに1馬身1/4差をつけてデビュー戦を勝利で飾った。

 2着スズダリアと首差の3着にはイオが入った。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2014年12月13日のニュース