【阪神JF】(14)ダイワプロパー、入念にゲート練習

[ 2014年12月13日 05:30 ]

 ダイワプロパーは坂路で4F79秒7と軽めのキャンター。続けて入念にゲート練習。松田国師は「前走(ファンタジーS11着)は出負けして掛かった分、思うような位置が取れなかった。G1ともなれば、いいスタートを切らないと厳しいので」と発馬改善に全力。枠は外寄り14番。「向正面の直線が長い外回りマイル。ダート1800メートルほどは、外枠は気にしなくて良さそう」と話していた。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2014年12月13日のニュース