×

【エ女王杯】ヴィルシーナ 友道師雪辱期す「太め感なく好仕上がり」

[ 2014年11月12日 05:30 ]

 宝塚記念3着のヴィルシーナは1週前にポリトラックコースで竹之下(レースは内田博)を背に、しまいまでいっぱいに追われ6F79秒0~11秒3。アドマイヤイバマ(4歳1000万)を相手に、12馬身追走から2馬身先着するシャープな身のこなしを見せた。友道師は「休養明けだが太め感はなく好仕上がり。近走は自分で流れをつくっていいレースができている。今回もそういう競馬になると思う。鞍上も乗り慣れているので」と昨年10着の雪辱に燃えていた。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2014年11月12日のニュース